読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くま美術史

くま美術店の公式ブログです。するりとわかる美術史や、笑える美術の展覧会情報などをお届けしていきます。公式販売サイト「くま美術店」http://kuma-bijutsu.jp/

エロい絵【1日1品】

f:id:kuma-bijutsu:20160927215131j:plain

 

だから「フランダース」のネロも、最後にルーベンスの絵をご所望だったのですね。

 

セシリー・ブラウンは、1969年にロンドンで生まれた女性のアーティストです。

最近の画家の中では珍しく、昔の巨匠たちの描き方を踏襲しまくって絵にしています。

影響をうけた巨匠は、ゴヤ、クーニング、ベーコン、そしてルーベンス

あの「フランダースの犬」の中で、ネロが最後に見たかった絵を描いたピーテル・パウルルーベンスから、多大な影響を受けています。

 

だから、絵がエロい。


ルーベンスは、人間の肉体をごってごてに描くことが得意でした。

圧倒的なデッサン力と、宗教的な背景がなければ、ポルノか、ボディビルディングだったろうなというほどに、肉々しい肉体をたくさん描いています。

こんな風に。

f:id:kuma-bijutsu:20160927215153j:plain


セシリーも、ルーベンスに負けないくらい、肉体を描きまくっています。

現代的な雰囲気で、崩れたような画面ですが、よく見ると男性のち☆こがビョロンとなっていたり、男女がモグっとまぐわっていたりする絵を描いています。


本日の1品もそんな絵。

f:id:kuma-bijutsu:20160927215646j:plain

よく見てみてください。

あら…まぁ……


もっと過激なのもあるんですが、ちょっと載せられない。

 

なぜだかイギリス人の女性アーティストは「性」をテーマにした作品をつくる人が多いんですよね。


あ、でも、イギリスだけじゃないかも。

日本のとある美術大学の試験課題で「自分が今一番気になるものを、粘土で作りなさい」という課題が出されました。

受験生の中に、ひときわ目立つ美少女がいたそうなのですが、思いっきり精巧なち☆こを迷うことなく作っていたそうです。

女性アーティストって、この100年ぐらいで初めて歴史に登場するのですが、なんか男性よりも性をテーマに作品をつくる傾向が強いんですよね。


女性って、やっぱり謎だわ。