読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くま美術史

くま美術店の公式ブログです。するりとわかる美術史や、笑える美術の展覧会情報などをお届けしていきます。公式販売サイト「くま美術店」http://kuma-bijutsu.jp/

びじゅツアー1月16日土曜日の様子

f:id:kuma-bijutsu:20160117133046j:plain

「あなたの横ではいつでも笑顔でいたいから、美術館でも笑っていたい」

がコンセプトのくま美の美術館ツアー「びじゅツアー」をおこないました。

 

ちょいと反省もありつつ、でも、楽しいツアーとなりました。

 

行きさきは東京都現代美術館で開催中の

オノ・ヨーコ|私の窓から』

www.mot-art-museum.jp

2015年11月8日(日)-2016年2月14日(日)

 

まずですね。

下ネタが過ぎる。

 

この展示を見れば、オノ・ヨーコの全貌がわかります(物理的に)。

という感じでした。

 

だいたい裸。

※色々な意味で撮影禁止だったのでご想像ください

 

裸ゾーンをとおり過ぎると、ゴリッゴリの現代美術へ。

写真とともにお楽しみください。

f:id:kuma-bijutsu:20160117134508j:plainお椀の中にはたっぷりの水が入っています。

全ては水である。とのこと。

力強すぎるメッセージ。

f:id:kuma-bijutsu:20160117134626j:plainなんやポジティブな言葉が壁にならんでいます。

きっとオノ・ヨーコは日中ずっとポジティブな言葉を言っているのでしょう。

f:id:kuma-bijutsu:20160117134911j:plain大きなキャンバスに穴が空いていて、顔の見えない人と握手できる作品。

エッチなビデオで見たことある感じ。

f:id:kuma-bijutsu:20160117135114j:plainWOWOW叫ぶご本人のビデオ。

う、うん!

思っていたよりゴリゴリだ!

 

参加者の人に「楽しめましたか?」

と聞くと、意外にも「楽しかった」とのこと。

 

「一番よかったのはなんですか? 」

「袋のやつですね」

f:id:kuma-bijutsu:20160117141407j:plain袋のやつ。

来場者が、袋をかぶる作品。

f:id:kuma-bijutsu:20160117141513j:plain

シンプルなんだけど、面白い。

f:id:kuma-bijutsu:20160117141638j:plain土下座して遊ぶ。

f:id:kuma-bijutsu:20160117141737j:plain

広がってみる。

f:id:kuma-bijutsu:20160117141902j:plain

浮き出るメガネ。

 

これはよかった。

手軽にできるので、今度家でもやろうと思った。

 

そうこうしている内にだいぶ時間もたっていました。

f:id:kuma-bijutsu:20160117142016j:plain

くま美バッジをつけるオシャな参加者様。

 

このあとは常設展ともうひとつの企画展も流して終了。

うむ。

楽しかったが、なんかフワッとしすぎた。

 

もっと骨太なイベントをしないといかんなと思いました。

次回はもっとよくします。

f:id:kuma-bijutsu:20160117142413j:plain

でも、オノ・ヨーコはすごくよかった。

彼女は、ずっとストレートに生きている。

 

だから、コンセプチュアルな現代美術によくある「無題」というタイトルの作品がひとつもなかった。

「ピース」や「フライ」など、わかりやすいストレートな言葉をタイトルにつけていた。

 

そこはすごく見習いたい。