読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くま美術史

くま美術店の公式ブログです。するりとわかる美術史や、笑える美術の展覧会情報などをお届けしていきます。公式販売サイト「くま美術店」http://kuma-bijutsu.jp/

マルレーネ・デュマス【昨今のアートワールド】

www.instagram.com

 

「好きなアーティストは誰ですか?」って聞かれることはあんまりないので、自分から言いますね。

 

Marlene Dumas(マルレーネ・デュマス)は、本当に大好きです。1953年に南アフリカで生まれ、その後オランダに移住した彼女。作品はアパルトヘイトLGBTなど「人種や、性差への社会の不寛容」をテーマにしており、キャンバスを床に置かれたキャンバスに、水と油で溶かされた絵の具を垂らしたり、こすったりすることで描かれています。描かれるのは人物がほとんど。身近な人も多いですが、新聞や雑誌で紹介される人々を切り取って絵にしています。

 

はじめて見たのはいつだったか。たぶん、大学時代に東京都現代美術館で大規模な個展が開かれた時だったと思うのですが、この時代になっても、キャンバスと絵の具だけでここまで表現できるってことが衝撃で衝撃で。

 

でも、同時に南アフリカの女性アーティストというある意味での、強い社会性を持った人間として生まれている「才能」みたいなものを強烈に感じました。社会性って、ふつうの幸せを当たり前に享受して育った私のような人間が言っても弱いんだろうなってその時も今もずっと思っています。

 

とにかく、デュマスが元気に絵を描いて、発表を続けていることはアートの業界全体にとって朗報です。