読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くま美術史

くま美術店の公式ブログです。するりとわかる美術史や、笑える美術の展覧会情報などをお届けしていきます。公式販売サイト「くま美術店」http://kuma-bijutsu.jp/

サー・エルトン・ジョン【昨今のアートワールド】

スケールの大きな話です。

まずはこちらをご覧ください。

 

www.instagram.com

 

イギリスに「Tate Modern」という近代以降の美術品を集めたすばらしいミュージアムがあります。

ニューヨークの「MoMA」、パリの「ポンピデューセンター」と並び、世界中からアートファンが訪れる近代美術館です。

 

ここで今、開催中のショー「THE RADICAL EYE」。

1920年から1950年に撮影された、写真の展覧会です。

 

ここに、「テート」の責任者 Nicholas Serota(ニコラス・セロータ)と、あのエルトン・ジョンのふたりが来ています。

 

なぜエルトン・ジョンが??

 

実は、このショーで展示されている写真は、すべてエルトン・ジョンのプライベートコレクションなのです。

 

世界屈指の美術館で、自分のコレクションだけの展覧会が開ける。

すさまじいスケールの話です。

 

エルトン・ジョンのことは好きでもなんでもなかったですが、このコレクションを見て、むちゃくちゃセンスのいい、かっこいいおっさんだなって思いました。

 

それにしても、自分のコレクションを見ながら

「(自分のコレクションではなく)こんな美術館にふつうに来たら、一緒に来た相手になんて言う? 」と聞かれて

「すごく嫉妬しているって言うな」って。

 

Sirは違うね。Sirは。