読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くま美術史

くま美術店の公式ブログです。するりとわかる美術史や、笑える美術の展覧会情報などをお届けしていきます。公式販売サイト「くま美術店」http://kuma-bijutsu.jp/

大谷工作室のストレートさ【1日1品】

f:id:kuma-bijutsu:20161201233226j:plain

 

ダメだ。

これはダメだ。

良すぎる。

すごくいい!!

ぜんぶ持ってかれる感覚がある。

しばらくこっちに引っ張られてしまいます。


ただいま広尾の「カイカイキキギャラリー」でやっている「大谷工作室」さんの展示。

『僕が17歳の時、ジャコメッティの話を美術の先生に聞いて、彫刻に憧れて、僕は今、彫刻を作ってます。』

gallery-kaikaikiki.com


本日の1品はその中から「金色のこ」

 

f:id:kuma-bijutsu:20161201233320j:plain

 

とっても大きな頭部の彫刻です。

テーブルまでふくめると私の身長より大きいです。

素材はセラミック。

粘土でかたちをつくって、乾かして、釉薬をつけて、焼いて、完成。

そのため、表面はアーティストの手のあとがたくさんついていて、作っている中での嬉しさや、大きくて苦労したんだろうな感がぎっしり詰め込まれています。

 

でも、全体の印象はとっても軽やかで、木の荒っぽいテーブルの上で重力なく静止しているよう。

量感がたっぷりなのに、浮遊感がすさまじいマイヨールのような作品です。

ジャコメッティに憧れたといっているけれど、それは表面のテクスチャー的な部分で、全体感はマイヨールとか、ジャコモ・マンズーとか、正統派の彫刻だなって思いました。


あぁ、これは彫刻だ。

ギリシア以来ずっと続いて、19世紀の巨匠たちがあらためて掘り起こしたものの上にある、ストレートな彫刻だ!

と、彫刻マニアな私は嬉しくなりました。

 

ちなみに、正面はまんまるですが、横から見ると薄めの、アンパン体型です。

 

f:id:kuma-bijutsu:20161201233437j:plain


「びじゅツアー」やります!!

近日、詳細を報告します。