読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くま美術史

くま美術店の公式ブログです。するりとわかる美術史や、笑える美術の展覧会情報などをお届けしていきます。公式販売サイト「くま美術店」http://kuma-bijutsu.jp/

時間がないという人におすすめ【1日1品】

f:id:kuma-bijutsu:20161013162128j:plain

 

瞬間型アーティスト。


本日はKevin Beasley(ケビン・ビーズリー)さん。

1985年にバージニア州のリンチバーグというところで生まれたアーティストです。


今日は短めでいきます。

なぜなら彼は瞬間型彫刻アーティストだから。


美術は、目に見えないものや見えにくいものを、別のかたちに置き換えて見えるようにする方法です。

いろいろ目に見えないものはありますが、中でも見えない代表格といえば「時間」です。


過去にも、時間をテーマにつくられた作品はたくさんあります。

しかし、ケビン・ビーズリーは一味違う!


本日の1品は Untitled (Jumped Man)。

無題だけど、「飛ぶ男」ってタイトルもついています。

無題ってつけるのやめればいいのに。


こちら!!

f:id:kuma-bijutsu:20161013162206j:plain


作り方はこうです。

どろどろのポリウレタン樹脂を用意して、おもむろに固めます。

硬化するまでに、しばらく時間があるので、蹴ってみます。

グッと力を入れて、固まりかけのポリウレタンにめり込むように蹴りましょう。

固まったら、靴を脱いで、完成です。


ね、コミカルでしょ。


こういう作品につきものなのは「こんなん俺でもできるわ」という批判ですね。

当たり前ですね。

誰でもできます。


ただ、時間を彫刻にしなさいと言われて、この方法を思いつく人ってそうそういないと思います。

また、思いついたからやってみたという人は、現時点でケビン・ビーズリーただ一人。


イデアの価値って日本では軽視されがちですが、なんでも揃うこの時代だからこそ、アイデアって大事だなと思います。


かたちもなんかカッコいいしね。

強そう。

 

あ、歯ブラシバージョンもよかったら。

f:id:kuma-bijutsu:20161013162224j:plain