読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くま美術史

くま美術店の公式ブログです。するりとわかる美術史や、笑える美術の展覧会情報などをお届けしていきます。公式販売サイト「くま美術店」http://kuma-bijutsu.jp/

美術+ごはん【1/30イベントの告知】

f:id:kuma-bijutsu:20160118210410j:plainパズーがつくった目玉焼きパン

ドーラが食べてたでかいハム

ポルコが飲んでたワイン

ハクがくれたおにぎり

アンパンマンのちぎった顔

あかりさんがつくるカレー

ジャック・ハンマーのステーキ

孫悟空の食べっぷり

 

おいしいごはんは魅力的。

 

おいしいごはんは魅力的。(語呂がいいのでもう1回)

 

じゅるりです。

考えただけでじゅるりです。

 

生きるために必要なことが、こんなに楽しいなんて神様も粋なことをしてくれると感謝です。

 

でも、ごはんは生きるためや、おいしいだけじゃない。

 

食事は、コミュニケーションに欠かせないんです。

食卓を囲むと、人間関係がやわらかくなり、言いにくいことも言いやすく、受けとめる方も受けとめやすくなります。

 

自分の気持ちをつたえるための食事。

 

ダ・ヴィンチの描いた「最後の晩餐」もそんな食事のシーンです。

キリストが、自分の弟子たちに、とても言いにくことを言えたのも、食卓を囲んでいたから。

あれがミーティングルームや、コンビニの前や、ワンボックスカーの中だったら、もっと大変なことになっていたでしょう。

 

思いをつたえる場としての食卓って、考えてみたらすごくお世話になっています。

 

そんな大切なシーンで出されるべき食事とはどんなものなのか。

 

世界でいちばん有名なごはんの風景「最後の晩餐」のメニューをみんなで再現しながら、人に気持ちをつたえるということはどういうことなのか。

 

そんなことを考えるイベントを開催します。

 

そういう風にしたいけど、たぶんもう少しユルいイベントになります。

 

以下、詳細です。

 

日程:2015年1月30日(土)

 

時間:2部制となります

1部 11:00〜13:00

2部 15:00〜17:00

 

場所:okatte西荻

www.okatte-nishiogi.com

西荻窪駅から徒歩14分

久我山駅から徒歩11分

最近、日経MJにも取り上げられた、おしゃれなキッチンスペースです。

 

参加費:3,000円(税込)

※参加費には材料費とワンドリンクが含まれます

※お支払いは当日、現金にてお願いいたします

※前日当日キャンセルの場合、100%のキャンセル料が発生いたします

定員:1部 10名 2部 10名

※多数の場合は先着順となります

 

【重要】

 ・参加ご希望の方はこちらにお問い合わせいただき、1部2部どちらにご参加希望かおしらせください。

お問い合わせ - くま美術店

・メニューは、時間の関係上すべてはつくれません。 メインとなるもの2品程度をつくる予定です。 ほかは事前に調理したものをご提供させていただきます。

・エプロン等はご用意ありません。 汚れても大丈夫な、清潔なお洋服でご参加下さい。

 

以上 みなさまのご参加おまちしております。

 

くま美術店 荒木

[お問い合わせ - くま美術店]

[みんなでつくろう最後の晩餐【くま美食堂】 | Facebook]